家電で料理をさらにおいしくする

電子レンジとオーブンレンジの使い方

電子レンジの使い方

電子レンジは、オーブンと比べて内側まで短時間で加熱することができるという特徴があります。
時間がなくて、ガスを使うのが大変という際に電子レンジで加熱した料理が大変便利だと思います。例えば、調理済みのお弁当やおかずを温める際は、活躍することができますね。しかし、欠点としては、食品中の水分が水蒸気として飛んでしまうため、乾燥しやすい点があります。そのため、ラップをして水分が飛ばないようにして加熱することが大切です。ラップをかけるにも、コツがございます。
食品の中をしっかり加熱する場合は、ぴったりラップをします。ふんわりラップは、汁気がある料理や長時間加熱したいときに行います。
ラップをしない場合は、揚げ物や炒め物などの水分が少ない料理を温めなおす場合が該当します。

オーブンレンジでできるメニュー

オーブンレンジは、電子レンジの機能も備わっているため、電子レンジでできる料理はもちろんできます。オーブン機能は、ケーキなどのお菓子づくりやパン、お肉料理などに使用することができます。お肉料理は、照り焼きやステーキ、ローストビーフなどを作ることができます。このような料理では、加熱された空気が対流を発生し、上下左右から熱が伝わるようにするため、天板をつけて行うことが重要です。また、余熱と予熱を使いこなすことも大切です。
食品の加熱を均一に行うためにも、庫内を予熱しておきます。特に、ケーキなどのお菓子を作る場合は予熱が必須です。
また、チキンなどの厚みがある食品に関しては、余熱を利用することで、表面が焦げてしまう可能性を防ぐことができます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る