家電で料理をさらにおいしくする

メーカーの特徴

あなたの暮らしに合うためのポイント

電子レンジやオーブンレンジを選ぶ際に、まずどの大きさのものを購入するのか検討しますね。
例えば、庫内の広さです。一人暮らしであれば、20L以下で十分です。二人暮らしであれば、20~25L、3人以上から25L~30L以上を目安にすると良いです。
しかし、温める容器の大きさや、温める量によっても庫内の広さも変わってきます。普段、作り置きをするために料理を一気に行う方は、一度に温める量が多くなると思うので、庫内を大きめなものを選択することをおすすめします。
もう1つ見るポイントとして、ターンテーブルの有無があります。
ターンテーブルがある場合は、上手に回らないとムラなく温まりにくいというデメリットがありますが、お手軽な価格で販売されているものが多いです。
ターンテーブルが無い場合は、マイクロ波が乱反射するため、ムラなく温まります。また、テーブルがないため、とにかくお掃除が楽です。

おすすめのメーカー

特に耳にするメーカーと言えば、パナソニックではないでしょうか。
パナソニックは、「ビストロ」シリーズで有名で、スチームオーブンの機能が非常に優れています。あたためから解凍まで、幅広く対応できる高精度のセンサーがついており、食品のおいしさを損なうことなく、加熱調理ができます。加熱だけではなく、甘酒やヨーグルトを作ることができる発酵機能がついています。メニュー機能も豊富についているため、献立が困っても、付属のメニューを見て決めることもできます。もう1つのメーカーは「ヘルシオ」で有名なシャープです。減塩とヘルシーをコンセプトにしており、余分な脂や塩分が出るようにするために、過熱した水蒸気を用いて食品内部まで迅速に加熱することができ、低酸素状態で調理を行うことで、食品の酸化を防ぎ、栄養素を逃がさないようにする機能を持つオーブンレンジです。
選ぶ際には、これからの使用目的を明確にして選ぶと良いでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る