家電で料理をさらにおいしくする

レンジとオーブンレンジの日本市場について

電子レンジの仕組み

電子レンジは、マイクロ波を使用して食品を加熱します。
マイクロ波波、マグネトロンと呼ばれる強力な電波を発生させることで生じます。
1秒間に約24億5000万回も振動し、光と同様の速さで空間を伝わっています。マイクロ波加熱は、陶磁器やプラスチックなどを透過し、金属は反射します。
例えば、食品を容器に入れて加熱しようとした場合、均一に加熱できる能力を持つものが、マイクロ波なのです。
マイクロ波が食品に直接当たると、食品の水分子が振動と回転し始め、水分子が衝突して摩擦熱を生じます。この摩擦熱で食品を温めることができるという仕組みです。
火を使用せず、電磁波を利用して温めるため、手軽に食品を温めることができるという便利さがありますね。

オーブンレンジでできること

オーブンレンジとは、簡単に言えば、電子レンジの機能にオーブンの機能がついたものを指します。オーブン加熱に加え、グリル加熱も使用できるため、料理のレパートリーは広がること間違いなしです。ガスやヒーターの熱で、空気を熱し、この空気から食品に熱を伝え、外側から食品を温めます。
オーブンレンジは、加熱する中の庫内が均一に加熱できるため、表面をむらなく加熱ができるという長所があります。表面はむらなく加熱はできる一方で、内面が加熱しにくく、温度調節が難しいと言われています。
ただ、スチームオーブンという便利なものがあります。加熱した空気ではなく、100度の水蒸気を発生させ、その上過熱するという二重で加熱を行います。そのため、オーブンレンジよりも熱が通りやすいです。家庭用としては、スチームオーブンレンジとして販売されています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る